ランボルギーニ・ウルスST-Xコンセプト スーパーSUVがレース界へ

2018.11.18

サイド出しエグゾースト採用

ST-Xコンセプトと量産型のウルスの違いは、スティール・ロールケージ、消火システム、FT3公認の燃料タンクといったFIA規格の安全装備の採用。さらに、レースを想定したメカニカル面の最適化が行われたことだ。

エクステリアは、マット仕上げのヴェルデ・マンティス(緑)をまとい、車体後部にはウイング、車体横にはヘキサゴン・デザインのサイド・エグゾーストを装備。足もとは、21インチのシングルナット・アルミホイールを選んだ。

 
最新海外ニュース

人気記事