ニュース

2018.11.25

ベントレーで欧州横断の旅 制限時間は24時間 何カ国訪問できる?

15カ国を訪問 その名に偽りなし

だが、永遠に続くかと思われたこんな状況にも変化が訪れた。ありがたいことに、国境チェックはなく、停車による時間ロスを避けられたのだ。そして一旦チェコに入国すると、そのまま方向転換をして1分後にはスロバキアに戻ってきた。

ポーランドまでは18kmを残すのみだったが、24時間も近づいており、たどり着くことができるかどうかは微妙だった。霧は徐々に薄れてきている。午前4時53分、ベルギーを出発してから23時間と53分後、2台のベントレーはポーランドへと足を踏み入れていた。

ここにたどり着くまで、エンジンを止めていたのはわずか29分間であり、平均時速93.3km/hで2216kmを走破していた。24時間までは残り4分であり、東での霧と南での渋滞にもかかわらず、われわれが通過したのは15カ国に上った。


今回のチャレンジのきっかけとなった問いに、ベントレーは見事な回答をみせてくれた。そのスピードと乗り心地、洗練とドライバーをリラックスさせる能力、安全性とクルマとの深いコミュニケーション、さらには素晴らしいエンジニアリングによって創り出されたこのモデルのキャビンで過ごす快適さといったものが、まさにコンチネンタルの名に相応しいことを幾度となく証明してくれた。

最後にそのシートにも触れておかない訳にはいかないだろう。丸1日をコンチネンタルのシートに座って過ごしたが、わずかな痛みすら感じさせることはなく、まさにこのクルマがコンチネンタルと呼ばれる理由を象徴する存在だった。こんなシートが存在するとは信じられない思いだったが、ベルギーから始まったこの24時間の旅をポーランドで終えたとき、それまでにルクセンブルク、フランス、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス、オーストリア、イタリア、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ハンガリー、スロベキアとチェコを通過していたことに比べれば、その驚きも大したことではないのかも知れない。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ