ミニ ジョン・クーパー・ワークスGP 2020年発売へ

2018.11.26

100字サマリー

ミニはジョン・クーパー・ワークスGPとよばれる高性能版を2020年に発売することを明かしました。先代および先々代にもモデル終盤に設定されたGPは、JCWを上回る性能を獲得します。先日のグッドウッドでもコンセプトカーが展示されていました。

もくじ

モデル末期の高性能版
JCW上回る230ps超に

モデル末期の高性能版

ミニは公式ツイッター上で、2020年に登場するジョン・クーパー・ワークスGPの発売日を公表した。詳細は明かされていないものの、2018年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでそのコンセプトが公開されていた。

初代および2世代目のミニにおいては、そのライフサイクル終盤である2006年および2012年にJCW GPが投入されていた。今回も新型ハッチバック登場の直前となるようだ。

BMWの役員であるピーター・シュヴァルツェンバウアーは「われわれはジョン・クーパー・ワークスGPを2020年に発売するための準備を行なっています」と明かしたものの、その詳細は語らなかった。

このコンセプトは1960年代のモンテ・カルロ・ラリーでの勝利にインスパイアされたものであり、「ダイナミックさと運転の楽しさを体現する」とのことだ。

彼は以前にもAUTOCARに対しJCW GPが再び登場することを示唆していた。「ジョン・クーパー・ワーウスGPはミニにとって重要なモデルです。過去にも大きな成功を収めています」と語った。

 
最新海外ニュース