海外ニュース

2018.12.07

ベントレー 来季のスパ24時間に、4台のコンチネンタルGT3投入

編集部より

ベントレーが、2019年のモータースポーツに関する発表を行いました。スパ24時間レースには、4台のコンチネンタルGT3で参戦します。

ブランパンGT耐久カップ、インターコンチネンタルGTに参戦

ベントレー・モータースポーツは、2019年にブランパンGTシリーズ耐久カップ、さらにインターコンチネンタルGTチャレンジの両シリーズに参戦すると発表した。

シーズン中で最長かつ最大のレースとなるスパ・フランコルシャン24時間レースのプロ・クラスには、4台をエントリーさせる予定だという。

第2世代のコンチネンタルGT3の開発成功を受け、ベントレー・チームMスポーツは2台のレースカーと6人のワークスチーム・ドライバーを率いて世界最高レベルのふたつのGT選手権に参戦し、総合優勝に挑むのだ。スパ24時間レースでは、さらにプロ・クラスに2台を追加エントリーさせ、そのためのドライバーを数週間以内に確定する予定である。

ベントレー・モータースポーツ・ワークスチームの6名のレーシング・ドライバーは、2019年シーズンも全員が残留。ビンセント・アブリル(モナコ)、ジュール・グーノン(仏)、スティーブン・ケイン(英)、ジョーダン・ペッパー(南ア)、アンディ・ソーセック(西)、マキシム・ソレット(ベルギー)は、全員がベントレー・チームMスポーツのためのグローバル・チームとして活躍する。

拡張プログラムではベントレー・モータースポーツの伝統を継承し、カスタマー・チームのレーシング・ドライバーをセントラル・チームに昇格させ、彼らにブランパン・スプリント・シリーズで優勝者となったビンセント・アブリル(モナコ)やベントレー・チームABT出身のジョーダン・ペッパー(南ア)の足跡をたどるチャンスを与えるとしている。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ