ニュース

2018.12.31

アウディはすべて似すぎ? 乗ると印象は異なる? 試乗で探る 前編

ワールドの中で飽きさせない工夫

実際、A5スポーツバックは走り出すと、その魅力を増す。まだ500kmを刻んだばかりの個体だというのに、乗り心地は角がなく意外なほどのしなやかさ。アーリーアダプター向けの初期モデルに代表されるように、フルモデルチェンジ当初のアウディは概して足回りが固いなどといわれるが、昨年デビューしたばかりのA5スポーツバックが年次改良でこうも当たりの柔らかさを見せるとは。

また近年のクワトロ・システムは、デフォルトで後輪駆動配分を強めてFRに近い感覚のAWDになってきたとはいえ、FFベースの安心感もある。ドライブトレインの癖のないスムーズさと反応の素早さ、繋がりの滑らかさも一級品といっていい。

加速では後ろ足を蹴るが、ターンイン時の素直さと安定感、そんな矛盾した操りやすさは、凡百のAWDやFFではマネできない感覚だ。

公道で乗るなら、価格が抑えられるFFモデルもあるが、AWDモデルを選んだ方が、雨の中で臍を噛む思いをせずに済むだろう。そういえば都内で前回の大雪の時、路上で難破した高級車の中に、アウディはほとんどいなかったことを思い出す。

ちなみに直接比較しづらいが2018年モデルとして、A5カブリオレにも乗ってみた。

 
最新海外ニュース