ニュース

2019.01.18

スズキ、インド・グジャラート第2工場が稼働 スイフトを生産開始

編集部より

スズキの新たな生産拠点が稼働しました。インドのグジャラート第2工場です。これで、インドにおけるスズキの四輪車の年間生産能力は200万台になります。

第3工場も着手

スズキは、インドにおける100%出資の四輪生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社(SMG社)のグジャラート第2工場が完成したと発表した。1月よりスイフトの生産を開始している。

スズキは、インド自動車市場の伸張およびインドからの輸出拡大に備えて生産能力を確保するため、SMG社を2014年3月に設立。2017年2月に第1工場を稼働し、同敷地内に第2工場とパワートレイン工場の建設を進めていた。

第1工場では「バレーノ」「スイフト」を生産し、第2工場では「スイフト」を生産する。

第1工場、第2工場ともに25万台の年間生産能力を有しており、SMG社の生産能力は50万台となる。マルチ・スズキ社の生産能力150万台と合わせた、スズキのインドにおける四輪車の生産能力は200万台になる。

スズキのインドにおける2018年の四輪車の販売台数は175万台(前年比109%)、生産実績は187万台(前年比108%)だった。スズキは、第2工場と同時にパワートレイン工場も稼働し、2020年の稼働を目指して第3工場にも着手しており、引き続き拡大するインド自動車市場の需要に応えていく。

 
最新海外ニュース