[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

画像 最も美しいホイールたち 23選 前編

2019.01.19

モーガン・プラス8(1968年)

1968年にリリースされたプラス8はその他モーガンと同じように見えるかもしれないが、出力157ps、トルク30.4kg-mを誇るローバー製V8エンジンと合わせるためにモーガンは15インチアルミホイールを採用した。

搭載されているV8エンジンのトルクに耐えるため、ホイールの固定部にも特殊な加工を施した。時代を重ねていったのちに、モーガンはエンジンのハイパワーにもついてこられるワイヤーホイールも開発したが、プラス8のイメージは未だ元のホイールの印象が強い。

 
最新海外ニュース