ニュース

2019.01.21

英国で人気のボディカラー 「グレー」が初の首位に 黒/白/青が続く

編集部より

AUTOCARの本部がある英国では5人にひとりの購入者が新車購入時にボディカラーとしてグレーを選んでいるようです。2009年からはブラックとホワイトが首位の座を争っていましたが、ついに昨年グレーが統計開始以来初のトップとなりました。

ここ数年で変わりゆく人気色

英国自動車製造販売協会(SMMT)の調査によると、2018年はグレーの新車が49万5127台販売され、その年の最も人気の色となった。

上から順にグレー、ブラック、ホワイトがトップ3となっており、3色合計で昨年の英国自動車販売台数の59%を占める。英国消費者が鈍くて単調な色を好む風潮はここ数年続いている。

ブルー、レッド、イエローなどの色は2010年以来トップ3に入っていないものの、なかでもブルーとレッドはそれぞれ4位と5位の人気を誇る。

2000年から2008年まで首位を独走していたシルバーも2017年は5位だった。昨年はひとつ落としての6位となった。クリームは2018年に34%も下落し、たったの559台しか販売されなかった。

2018年英国自動車販売台数上位3車種のフォード・フィエスタ、フォルクスワーゲン・ゴルフ、ヴォグゾール・コルサもほとんどがグレーで販売された。販売台数トップ10の中で唯一グレー、ブラック、ホワイトが人気ではなかった車種はフォード・フォーカスで、人気色はブルーとなった。

一方でスコットランドの消費者はホワイトを最も好むという真逆の結果となった。北アイルランドやウェールズでは他の地域と同様のグレーが一番人気となった。

ボディカラーのバラエティに関して、英国は市場で売られている全118色中116色が登録されたが、北アイルランドでは全118色中53色しか登録されないという結果にもなった。

新車人気色トップ10

1位 グレー(49万5127台登録)
2位 ブラック(47万8154台登録)
3位 ホワイト(43万2207台登録)
4位 ブルー(38万1591台登録)
5位 レッド(23万6522台登録)
6位 シルバー(21万9840台登録)
7位 オレンジ(2万6042台登録)
8位 グリーン(2万1167台登録)
9位 ブロンズ(9690台登録)
10位 ベージュ(9303台登録)

 
最新海外ニュース