ジャガー・ランドローバー 自動運転車の進行方向、プロジェクターが路面に照射

2019.01.25

サマリー

ジャガー・ランドローバーは、自動運転車がこれから進む方向を路上に照射するシステムを公開しました。不信感を軽減させようというのが狙いです。昨年も「バーチャル・アイ」を備える自動運転ポッドを発表しています。こちらはアイコンタクトをします。

もくじ

進行方向を路面に照射
過去、ほかにも発表していた装置

進行方向を路面に照射

ジャガー・ランドローバーは、自動運転車がこれから進む方向を路上に照射するシステムの開発を公開した。

このシステムは、自動運転車がこれからどう動くかを、道路にいる他のひとびとに知らせるもので、それによって自動運転車に対する不信感を軽減させようというのが狙いだ。

ジャガー・ランドローバーが開発した自動運転ポッドでテストされているこのプロジェクターは、画像のように、水平のバーを並べて照射することでこれから進む方向を示す。

バーの間隔は調整可能で、車両がこれから減速しようとしている時は感覚が狭く、加速しようとしているときは間隔が広くなる。曲がる際には右または左にバーが弧を描くように照射されることで、車両がどちらに曲がろうとしているかを表す。

この研究プログラムは、英国政府支援のもと自動運転やコネクテッド・ドライビングを開発する「Autodrive」プロジェクトの一環だ。ジャガー・ランドローバーのみならずフォードやタタもこのプロジェクトに参加し、多数の自動運転に関する実験を行っている。

 
最新海外ニュース

人気記事