ニュース

2019.01.27

世界のメーカー 起源となったクルマたち 中編

フォルクスワーゲン(1945年)

ヒトラー時代のKDFワーゲンは1936年に開発されたが、製造が始まったのは1945年になってからだった。英国軍がVWのウォルフスブルク工場の管理を任されたが、英国の各社は、タイプ1は商業的な成功は得られないだろうとみなした。

これがビートルと呼ばれるモデルの成り立ちで、空冷エンジンを搭載し、歴史上もっとも成功したモデルとなった。2100万台が生産されたが、2003年に生産を終了した。

フォルクスワーゲンはこれまでにさまざまな企業や商標権を獲得し、2017年には生産台数世界一のメーカーとなった。

 
最新海外ニュース