海外ニュース

2019.01.27

世界のメーカー 起源となったクルマたち 中編

ホールデン48/215(1948年)

ホールデンは1948年に同社初の自動車を発売したが、これは創業後100年近くたってからのことだった。1856年にジェームス・ホールデンが馬術具の製造メーカーであるJ.A. ホールデン & Coを設立した。

1908年には自動車の架装をはじめ、 1914年にはサブコンストラクターとして自動車の製造を始めた。その後ホールデンズ・ボディ・ビルダーと名前を変え、1924年にはGMとの大規模な契約を結んだ。

GMは同社を1931年に吸収したが、同ブランド初のモデルは1948年になってようやく発売された。48/215は61psの2172ccエンジンを搭載し、セダンモデルとピックアップトラックモデルが存在した。

ホールデンは2017年、すべての工場を閉鎖し、オーストラリアで大規模生産を行った最後のメーカーとなった。輸入代理店としては、今もブランドは存続している。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ