モーガン 新型スポーツカー「ワイド・ボディ」をテスト中

2019.01.29

サマリー

珍しいことに、モーガンの新型車のスパイショットが届きました。今年110周年のモーガンは、新スポーツカーを開発中。いまのところ「ワイド・ボディ」と呼ばれているそうです。

接着アルミニウム構造

モーガンは今年、全く新しいスポーツカーを発表する予定だ。そのプロトタイプがテストしている様子を捉えた最初の写真が届いた。

2020年に新しい最上級モデルへと発展するこのモデルのデザインは、われわれが期待する通り、モーガンが何十年も前から保ち続けている1930年代風の見慣れたルックスをまとっている。しかし、その中身は大幅に進化しているようだ。

内部では「ワイド・ボディ」と呼ばれている新型モデルは、まったく新しい接着アルミニウム構造の軽量プラットフォームを使用する。さらに「モーガンにこれまで搭載されたことのないパワートレイン」を採用すると、同社は話している。

英国マルヴァーンのメーカーが、V8エンジンを搭載してから今年は50周年にあたると同時にその最後の年となる。BMW製N62型V8エンジンを搭載する最後のエアロ8とプラス8は、モーガンの歴史的車両として自社で保管される予定だ。2020年代初頭に登場する次期フラッグシップ・モデルには、ダウンサイズされた過給器付きの6気筒エンジンが搭載されるのではないかと思われる。

そしてこのパワートレインだが、来年発表されるモデルにも採用される可能性が高い。

 
最新海外ニュース

人気記事