ニュース

2019.02.01

レクサスLFA 落札額が、すごいことに RMサザビーズ・アリゾナ・オークション

編集部より

幻の存在、レクサスLFAが、RMサザビーズ・オークションに出品。日本製スーパーカーのアメリカでの評価は? 落札額はなんと9735万円でした。

シリアルナンバー488のニュル仕様

レクサスのフラッグシップ・モデルとしてLFAが送り出されたのは2010年のこと。トヨタのF1や様々なレースで磨き上げてきたテクノロジーを余すことなく注ぎ込んで開発されたレクサスLFA。カーボンファイバーシャシーを採用し、そのフロントにはV型10気筒DOHC4805ccで560psを発揮する1LR-GUE型エンジンが搭載される。

6速シーケンシャル・ギアボックスを介して後輪を駆動し0-100km/h加速は3.7秒以下、最高速は325km/hと発表され、まさにスーパーカーにふさわしいパフォーマンスを発揮する。

全世界500台の限定車とされ、日本での販売台数は165台のみ。また特別仕様であるニュルブルクリンク・パッケージ仕様は50台のみが作られている。ちなみに日本での標準価格は3750万と、まさにスーパーだった。

絶対数が少ないこともあり、レクサスLFAはほとんどオークションに姿を現すことはなかった。そうした中、RMサザビーズ・アリゾナ・オークションに出品されたのはアメリカにデリバリーされたシリアルナンバー488のニュルブルクリンク・パッケージ仕様。ちなみにレクサスLFAニュルブルクリンク・パッケージ仕様は、アメリカでは15台のみが販売されたという。

 
最新海外ニュース