[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

三菱エンゲルベルク・ツアラー、3月公開 改良型ASX(RVR)も ジュネーブショー

2019.02.21

100字サマリー

三菱自動車が、3月のジュネーブ・モーターショーで、「三菱エンゲルベルク・ツアラー」を初公開します。2枚目の予告画像が届きました。

新型コンセプトカーを世界初公開

三菱自動車は、3月に開催されるジュネーブ国際モーターショーで、コンセプトカー「三菱エンゲルベルク・ツアラー」、コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR、画像赤)」の2020年モデルを世界初披露する。さらに、1tピックアップトラック「L200」(欧州仕様)の2020年モデルを欧州公開すると発表した。

エンゲルベルク・ツアラーの車名はスイス中央部にある山間部の村の名にちなんだもの。ドライバーの気持ちに応えるクロスオーバーSUVになると三菱自は説明している。

また、電動車の購入とあわせてV2H(Vehicle to Home)を中心とした家庭用システムを提供する新サービス「電動DRIVE HOUSE(DDH)」を開始する予定であり、この内容をデモンストレーションする。これは、太陽光発電機器やV2H機器、家庭用蓄電池などで構成するシステムをパッケージ化し、販売会社で一括して販売するサービス。電気代や燃料代の節減、緊急時の非常用電源としての利便性など、電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルを提案する。

 
最新海外ニュース