ニュース

2019.02.22

ベントレー回復計画、着々と ハイブリッド化/初の電気自動車も準備

編集部より

ベントレーのホールマークCEOによれば、2020年には過去最高の売り上げを記録できる見込みとか。新たな排ガス規制に対応するため、各モデルのハイブリッド化と同社初となる電気自動車も開発が進められています。

もくじ

2025年までに5つの課題に直面
電気自動車のベースモデルは未定

2025年までに5つの課題に直面

ベントレーは最近、エイドリアン・ホールマーク社長兼CEOが「最悪の事態」と表現した業績低迷から脱却を図っている。

現在は回復への途上にあり、ブレグジット(欧州連合からのイギリス脱退)によって来年は過去最高の売り上げを記録できると同社では信じている。

WLTPに起因する生産の遅れから、新型コンチネンタルGTを米国と中国(両国を合わせるとベントレーの総売上の半分を占める)で予定通り発売できなかったにもかかわらず、2018年に同社は1万494台という非常に高い販売台数を記録した。

2020年には両国でコンチネンタルGTの発売も開始され、およそ1万2000台の売り上げを達成する見込みであるとホールマークは言う。フォルクスワーゲン・グループが後押しするベントレーの回復計画は、既に予想以上の結果を上げている。

ベントレーは2025年までに5つの大きな課題に直面するとホールマークは考えている。

1つ目は今年、計画通りに回復を完遂すること。その次には、ラインアップの多様化を進め、各モデルにハイブリッド・バージョンを用意し、さらに最近発表されたベンテイガ・スピードのような派生モデルのシリーズを設定することだ。

 
最新海外ニュース