【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

改良新型ジープ・チェロキー、日本に2モデル追加 トレイルホークは新エンジン

2019.02.28

100字サマリー

改良新型ジープ・チェロキーの日本導入モデルが拡大。ロンジチュード、トレイルホークが加わります。後者は、新設計の2ℓ直4直噴ターボエンジンです。

ハンズフリーパワーリフトゲート 全車標準

FCAジャパンは、昨年10月にマイナーチェンジしたジープのミドサイズSUV「チェロキー」のラインナップに、

・ベースグレードの「Longitude(ロンジチュード)」
・オフロード性能が高い「Trailhawk(トレイルホーク)」

の2モデルを追加し、3月9日から発売する。

2018年10月のマイナーチェンジでは、フロント周りを中心とした大幅なデザイン変更やライト類のLED化により、フラッグシップモデル「グランドチェロキー」に通ずる精悍な外観となったチェロキー。今回は、装備の充実を図るとともに、価格競争力の向上も実現した。

装備については、

・「Uconnect®」
アップルカープレイ/アンドロイドオート対応の第4世代インフォテインメントシステム
・「ハンズフリーパワーリフトゲート」
両手がふさがった状態でも足先の動作だけでリアゲートを開くことができる
・「前面衝突警報」
歩行者検知機能を付加したクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付き

が全てのモデルに標準装備された。

発売時には、レザーシートなど豪華な装備が充実した「リミテッド」と導入記念限定車の「ロンジチュード・ローンチエディション」の計2モデルで展開。新たに今回、ベースグレードの「ロンジチュード」と高いオフロード走破性を誇る「トレイルホーク」の2モデルを追加導入して、幅広いカスタマーを取り込んでいく狙いがある。

各モデルのスペックを確認しておこう。注目はエンジンが変わったトレイルホークだ。

 
最新海外ニュース