ニュース

2019.03.09

自動運転車の歴史 1920年代から現在まで 前編

NavLab1(1986年)

カーネギーメロン大学は米国内の大半の大学に先駆けて、自動運転での研究を促進していた。自動運転関連の転換点となった1986年、ロボティクス学部はシボレーのバンをNavLab1と呼ばれるプロトタイプに作り変えた。

荷室には研究者チームとコンピュータやコントローラーがを収めるのに十分にな広さを有していた。システムを停止して手動に戻す機能も追加された。

興味深いことに、1986年の技術ではNavLab 1を理論上の最高速である32km/hまで加速させることができず、これが実現されたのは1980年代終わりごろだった。

 
最新海外ニュース