海外ニュース

2019.03.10

自動運転車の歴史 1920年代から現在まで 後編

グーグル 自動運転プログラムを開始(2009年)

ますます多くのデータが集まるようになり、2000年代には自動運転技術の開発が加速化した。グーグルがこの領域に参入したのは2009年のことだ。

技術者を雇い(DARPA優勝チームのメンバーも含まれていた)、プロトタイプの製作とテストが行われた。

2012年5月には、トヨタ・プリウスに自動運転技術を搭載して、全米初の公道走行を認められた。2016年12月には、ウェイモのブランド名で再スタートを切った。

next page2018年以降の自動運転車

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ