ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

スバル英インポーター「レヴォーグで失敗」 欧州仕様、自然吸気エンジン設定へ

2019.03.12

3つの重要な変更

今回、レヴォーグには3つの重要な変更が施された。インテリアの質感が向上し、サスペンションは快適性を重視する方向に再調整された。そしてパワーの出方が穏やかな、2.0ℓ自然吸気ガソリン水平対向エンジンが設定された。

この新型自然吸気エンジンは、従来のピーキーな1.6ℓターボに替わるもので、レヴォーグのリフレッシュされたキャラクターにおける中心となるものだとリラッドは言い表した。

「ターボ・エンジンと固いサスペンションの組み合わせは、実際に多くの顧客を失うことになりました」とリラッドは言う。

2.0ℓユニットは最高出力150ps、最大トルク20.2kg-m(旧型より20psと5.3kg-mダウンした)だが、燃費はかなり改善されることが期待できる。このエンジンはスバルのリニアトロニックCVTギアボックスと四輪駆動と組み合わされる。

スバルはジュネーブで、改良を受けたXVとフォレスターの「eボクサー」として知られるハイブリッド仕様も発表した。

XVとフォレスターを合わせると、スバルの英国における販売の3/4を占める。しかしリラッドは他の4モデル、すなわちレヴォーグ、インプレッサ、BRZ、アウトバックで、さらなる販売増加を狙っているという。

 
最新海外ニュース