新型プジョー508(日本仕様)を解説 ガソリン、ディーゼルの価格/スペック/内装/サイズ

2019.03.20

新型プジョー508のエクステリア

低くワイドなプロポーション。クーペのようなルーフライン。独立したトランクを持つサルーンのプロトコルとあえて決別し、リアエンドにかけて流れるエレガントなラインを持つファストバックスタイルとなった新型。

そのボディサイズは、全長×全幅×全高が4750×1860×1420mmとなっている。従来型と比べて、80mmコンパクトになり、35mm低いプロポーションに生まれ変わった形になる。

フロントフェイスは、切り立ったグリルとハイウェイモードを搭載するフルLEDライトで構成。バンパーとスポイラーを垂直に通るLEDデイタイムランニングライトと相まってシャープで個性溢れる表情を作り出している。ボンネットには508のモデル名を配した。

ボディサイドは、窓枠のないサッシュレス構造のドア、フラッシュ化を進めたサイドウインドウにより、スリークな印象を強調。

リアエンドは、自動光度調整機能付きのリアコンビランプを装備。プジョーのシグネチャーたるライオンの三本の爪痕をモチーフとしたフルLEDテールライトは、天候に左右されない被視認性を確保。走り去る姿を印象的なものにしている。

続いてインテリアに目を移そう。デザイン、マテリアル、しつらえを入念に作り込んだ空間が乗員を迎えてくれる。

 
最新海外ニュース

人気記事