動画 レクサスLM、同社初のミニバン 中国ほかアジアで販売へ 上海ショー

2019.04.16

100字サマリー

レクサス初のミニバン「LM」が上海モーターショー2019にて発表されました。4座と7座、FFと4WD、LM350とLM300hの設定となり、中国とアジアの選ばれた国で発売。

レクサス初のミニバン「LM」

レクサスLMは、レクサス初のミニバン。「移動」という目的に、ラグジュアリーな時を過ごすという付加価値を求めて生み出されたクルマだという。

そのために、26インチのディスプレイや冷蔵庫、傘のストレージ、タッチパネル付きのセンターコンソールが設えられている。

センターコンソールのタッチパネルで、シートポジションやリラクゼーション用のファンクション、エアコン、オーディオが操作できる。

「スイング・バルブ・ショック・アブソーバー・テクノロジー」はレクサスESに採用されるものを流用。これが乗り心地を良くするという。

外装カラーはブラックとホワイト・パーツ・クリスタル・シャインの2色。フロントはスピンドルグリルを鎮座させ、リアのLEDライトはレクサスの新しいデザイン言語を踏襲する。

銀をオリジンとする染料を内装に使用しているという。シートは4座と7座の2種が用意される。

グレードはLM350とLM300hの2種。駆動方式は4WDとFFの2種。いずれもマーケットに合わせて用意される。LM350は3.5ℓDOHCガソリンエンジンを、LM300hは2.5ℓアトキンソン4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせる。

発売地域については、「中国をはじめとするアジアの選ばれた国」と発表されている。

 
最新海外ニュース