ニュース

2019.04.17

アウディAI:ME(エイミー)コンセプト、A3サイズのコンパクトEV示唆

都市における機能性を重視

AI:MEは、過密な都市環境における機能性を重視してデザインされた。コンパクトなクロスオーバー型ボディは、機動性と視界を最大限にするためのものだ。車体上部のウインドウ・セクションは、周囲を取り囲むラインによって際立ち、その下のボディより幅が広い。「最も幅広い部分は乗員の頭部の位置になります。最も広さが求められる部分です」とミントは説明する。サイドウインドウは下半分だけが開閉する。これは風が顔よりも身体に当たるようにデザインしたものだとミントは言う。

エクステリアは、前後のLEDライトも特徴的だ。光と色の組み合わせで、周囲にいる他のクルマや歩行者とコミュニケーションを取ることができる。

AI:MEの床下には65kWhのバッテリーが搭載されており、リア・アクスルを駆動する170psのモーターに電力を供給する。

レベル4の自動運転機能を搭載

このコンセプトはレベル4の自動運転機能を備えており、インテリアは特に未来的だ。自動運転モード時には、室内空間を最大に拡げるため、ステアリングホイールが格納される。

実用的な2つのテーブルには、食べ物を置くスペースと、金属製のトレーやコップを保持するマグネット式のカップホルダーが備わる。ダッシュボードには大きな収納スペースがあり、ドアには棚があるが、フタがないのは、カーシェアリングで利用する際に、個人的な忘れ物を防ぐためだ。

インフォテインメントをはじめとするシステムの多くは、3次元マルチファンクションOLEDモニタとアイトラッキング・コントロールで行う。ドアレールに設置されたタッチパッドを使って操作することもできる。

インテリアには柔らかくて触感の良い素材を使用。ダッシュボード内には植物が植えられている。パノラミックルーフと空気清浄機も装備する。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ