ニュース

2019.04.20

特別取材 ジネッタの新モデル カーボンシャシーで608ps

フロントミドのメリットを生かす

リアにも同様のシステムが用いられているが(カーボン製のサブフレームにダブルウィッシュボーンが配置されている)、同時に広大なトランクスペースも確保されており、ゴルフバッグを2個積むことも可能だ。

装着されるタイヤはミシュラン・パイロットスポーツ4で、前275/35 ZR19、後305/30 ZR20を履く。圧倒的とは言わないがしっかりとした印象だ。

トムリンソンはフロントミドのパノスでルマンクラス優勝を果たした(彼は現在、この優勝マシンを所有してもいる)が、思い入れが新しいマシンのレイアウトに影響していることはなく、成果を挙げるために正しい方法論を取っているに過ぎないという。

エンジンを後方に配置するパッケージは空力の最適化に寄与しており、エンジンに邪魔されないのでフロントのウィッシュボーンを長く取ることができる。これによって、速度が上がるにつれてダウンフォースが大きくなり、車高が下がってもタイヤと地面の接触を保つことが可能になる。

 
最新海外ニュース