ニュース

2019.04.24

DBSスーパーレッジェーラ・ボランテ アストン マーティン史上最速のオープンGT新型

2m離れても、オープン操作可

布製のルーフを備えたボランテに対応するため、「エアロブレードII」と呼ばれるシステムに改良を重ねることで、リア・エンドのダウンフォースがさらに増加。最高速度で走行中のダウンフォースは、クーペよりわずか3kg少ない177kgを達成している。

ドライビング・モードは「GTモード」では素晴らしいエグゾースト・ノートを楽しめ、「スポーツ・モード」または「スポーツプラス・モード」ではサウンドがさらに魅力を高める。

通常のエンジン始動時には咆哮を響かせるが、新設定された「クワイエット・スタート」を選択すると、周囲の環境に配慮した控えめなサウンドに変化するという。

流れるようなラインを生み出しているファブリック・システムのルーフは、8層の断熱材と防音材を組み合わせたもの。トップを閉じれば2名の乗員に素晴らしい快適性を提供。トップを開くと、4本出しのエグゾースト・システムが奏でる魅力的なオーケストラ・サウンドでキャビンが満たされる。

コンバーチブル・トップは格納すると、その高さが260mmに収まるのも特徴。クラスでもトップレベルのコンパクトさだ。これによって、ルーフオープン時でも最大限のトランク容量を確保。トップの開閉時間は、それぞれ14秒(オープン時)と16秒(クローズ時)で、車内から操作できる。さらに、リモートキーを使用すれば、クルマから2m以内の範囲であれば、車外から操作することも可能である。

開発時には、灼熱のデスバレーや極寒の北極圏といった過酷な条件でテストを繰り返した本ルーフ・システム。そのメカニズムには10万回以上の開閉試験が実施され、10年分の経年変化を徹底的に検証しているという。

イギリス市場の価格情報も入ってきた。

 
最新海外ニュース