本格派SUV 三菱パジェロ(ショウグン)の中古車 維持費やメンテは 購入ガイド

2019.05.02

サマリー

しっかりとしたファン層を形成している三菱パジェロ(英国名はショウグン)。堅牢でしっかり走り、車内も広々。装備も充実していながら、英国なら1000ポンド(14万円)台から中古車が手に入ります。

もくじ

英国でも飛ぶように売れた人気モデル
選ぶなら後期モデルのディーゼル
三菱パジェロ(ショウグン)の中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

英国でも飛ぶように売れた人気モデル

1980年代、英国の三菱ディーラーは、充分な数のパジェロ(英国名はショウグン)を仕入れることができなかった。この記事を書いているわたし(ジョン・エバンス)が、当時は営業担当で働いていたから間違いない。三菱製の大きなオフローダーは、まるで人気店のパンケーキのように売れていたし、値引きも一切不要だった。

1982年に初代パジェロが登場した後、1991年に2代目が登場する。そして今回注目する3代目が1999年(英国では2000年)に発表された。ラダーフレームを備えていた先代モデルよりも大幅に洗練され、モノコックボディにインディペンデント・サスペンション、ラック・アンド・ピニオン式のステアリングシステムを備えていた。

駆動系統には第2世代となった「スーパーセレクト4WDⅡ」が採用される。フルタイム4輪駆動をベースに後輪駆動にも変更でき、センターデフロックを備えて直結にもなり、ハイレンジとローレンジも備える本格派だ。今振り返れば、3代目パジェロは現在のSUV人気を先取りしたようなクルマだった。ランドローバー・ディスカバリー並のラフさではあったけれど。

そして三菱はさらに改良を重ねる。中古車を選ぶなら、どれにするか迷ってしまうかもしれない。4代目パジェロが2006年(英国では2007年)に登場し、さらに良くなったのだ。実際は大幅なマイナーチェンジという内容だったが、トランスミッションやエンジンのアップデートを行っている。さらに2012年にも改良を受け、スタイリングと装備類が変更されている。これは、現在も新車で購入することができるモデルとなっている。

 
最新海外ニュース

人気記事