素晴らしきグラスファイバー製モデル 17選 前編

2019.05.02

マーコスGT(1964年)

英国が誇るマーコスGTは、その魅力的なグラスファイバー製ボディだけでなく、独特の構造材を使用しているという点でパイオニアと呼ぶべき存在だった。

このクルマのシャシーに使われている、まるでボートのような積層ベニヤ板は、コンパクトな2シータークーペボディを、非常に軽量で強固なものにしており、その重量は767kgに留まっている。

ボディにグラスファイバー素材を使用することで、マーコスは低く滑らかなボディスタイルを実現しており、この方法はブランドを象徴するものとして、2007年に惜しまれつつマーコスが終焉を迎えるまで使い続けられている。

GTのスタイルはその後に続くすべてのモデルに影響を与えており、それは1995年にル・マン参戦を果たした驚異のマシン、LM600も同様だった。

 
最新海外ニュース

人気記事