素晴らしきグラスファイバー製モデル 17選 前編

2019.05.02

アダムス・プローブ(1969年)

オースチン1800「ランドクラブ」と言えば、1960年代に登場したなかでは、決してセクシーと呼べる存在ではなかったのだから、当時もっとも前衛的なモデルに、このクルマのエンジンを使うことを決めたプローブ16の設計陣は、思わずニヤリとしたことだろう。

デニスとピーターのアダムス兄弟がデザインしたプローブの全高は、わずか86cmというものであり、ドアの替わりにスライディング式のグラスキャノピーが採用されていた。

生産されたうちの1台は、1971年公開のスタンリー・キューブリック監督作「時計仕掛けのオレンジ」に出演を果たしている。

さらに、プローブ16はコーギー・クラシック社のウィズホイールシリーズとしても登場しており、わずか3台しか生産されなかった実車とは違い、はるかに多くの数が販売されている。

 
最新海外ニュース

人気記事