ニュース

2019.05.04

BMW8シリーズ・グランクーペ 公式画像が初公開

編集部より

BMWは8シリーズ3種類目のボディスタイルとして追加予定のグランクーペの公式画像を初めて公開しました。この画像からは側面のシルエットが確認でき、リアドア追加のためホイールベースが延長されていることがわかります。数週間以内に発表される予定です。

3つめのボディスタイル

BMWは8シリーズに4ドア・クーペを追加し、そのボディスタイルを3種類へと拡大する。それに先立ち、初めての公式画像が公開された。側面を撮影したこの画像ではボトムセクションが隠されているものの、ボディサイズが大幅に拡大されていることが確認できる。一方で、そのシルエットはクーペらしいものだ。

このモデルは6シリーズ・グランクーペに取って代わるものであり、ポルシェ・パナメーラやメルセデス・ベンツCLSなどとも対峙することになる。シャシーやエンジンは8シリーズ・クーペと共通だが、ホイールベースが延長され、ルーフラインが持ち上げられることによって居住空間が拡大されている。

以前のスパイ画像からはクーペやコンバーチブル版にも似たデザインが確認できる。ただし、その乗車定員が4名なのか5名なのかは不明だ。エンジンはクーペと同様に320psのディーゼルを搭載する840dおよび540psのM850i xドライブが設定される。600ps級の4.4ℓV8ツインターボを搭載するM8は後に追加される見込みだ。

さらにパワフルなM8コンペティションが追加されるかは不確実だ。そしてボトムレンジにはローパワーなガソリンエンジンが追加される予定であり、また後日にはハイブリッド仕様も登場するだろう。

2ドアの840dは7万6000ポンド(1112万円)からの設定であり、グランクーペは8万ポンド(1170万円)超になる予想だ。今後数週間のうちに発表されるが、2019年中の英国での納車開始は難しいだろう。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ