海外ニュース

2019.05.04

2019年版 スーパーサルーン10選 ドイツ3強優位は変わらず

編集部より

スーパーサルーン市場の競争は激しく、ドイツのビッグ3を中心とした各メーカーがしのぎを削っています。600ps超が当たり前となりつつある中で、馬力だけではこの競争を制することは難しいでしょう。今年のトップ10をご紹介します。

ドイツ・ビッグ3の牙城を崩せるか

スーパーサルーン市場は今までと変わらず小さいが、その競争は熾烈だ。ドイツのビッグ3が強力なプレゼンスを持つことに変わりはないが、数年前ほど支配的ではなくなっている。厳しくなる排出ガス規制により、他のブランドにもチャンスが広がっているということだ。

ここ数年の間、このセグメントへのアルファ・ロメオの回帰が目立った。ジュリア・クアドリフォリオは素晴らしいスポーツサルーンであり、他にも登場の気配を見せる。しかし、今年のチャンピオンはBMW M5だ。

BMW M5

最新の4WDパフォーマンスカーを運転したことがないひとにとっては、BMW M5が1位になったのは意外かもしれない。フォード・フォーカスRS、アウディR8、そして日産GT-R同様、M5のアジリティ、バランス、そして遊び心は驚異的だ。2トンの4WDスーパーサルーンとは思えない挙動を見せる。そしてこのクルマのボディコントロールは他にない素晴らしさだ。

これだけのパフォーマンスを見せつけられても、5つ星を与えられない理由はある。文句をつけるとしたらステアリングの重さ、ブレーキペダルのフィーリング、そして作り物のエンジンサウンドなどだ。これらは運転の楽しさを損なう恐れがある。

とは言え、BMW M5のダイナミクスは他のライバルとは一線を画しており、このランキングの最上位は確定だ。BMW Mの歴史を振り返って見ても最良の一台だろう。M5コンペティション・パッケージは乗り心地が硬くなりすぎるのでおすすめしない。

next pageメルセデス-AMG C63 S

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ