シトロエン100周年の自動運転EV 19_19コンセプト 最新版ハイドロ・サス搭載

2019.05.16

海綿からヒント? コンセプト・タイヤ

このコンセプトカーが履く巨大な30インチ・ホイールには、パートナーであるグッドイヤーが開発したコンセプトタイヤが装着されている。

各タイヤにはそれぞれセンサーが組み込まれており、自動運転時に路面の状況を読み取ってクルマに伝える。海綿からヒントを得たという特別なコンパウンドは、悪天候時のトラクションを向上させると共に、キャビンに伝わるロードノイズを軽減する。

エクステリア・デザインを指揮するフレデリク・デュヴァネイは説明する。「このプロジェクトは、アミ・ワンのことを考えなければ成り立ちません。2台はお互いに補完し合う関係にあります。1台は小型で経済的な都市部向けのクルマ、もう1台は快適な長距離移動のためのクルマです」

「例えば卵のように、非常にシンプルな形状にしたいと考えました。デザイナーには複雑すぎるクルマにするなと言っています。複雑なラインを追加して新しいデザインを作ることは簡単です。しかし、非常にシンプルな形状を維持しながら面を形作ることが、われわれの本当にやりたいことなのです」

 
最新海外ニュース

人気記事