[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ブレクジット(英のEU離脱)影響も? バーゲン価格の英国中古車 20選

2019.05.18

500ポンド(7万円)〜2000ポンド(28万円)その2

ジャガーSタイプV8

1998年のバーミンガム・モーターショーでジャガーSタイプが発表された時、最も驚いたのは同時に登場したローバー75よりもさらにレトロであったことだ。最近のジャガーのデザインははるかにモダンであり、当時の選択は間違いであったと気付いたようだ。とはいえ、Sタイプの走りは良好で、V8モデルでも2000ポンド(28万円)以下で手に入る。

ローバー75

ローバー75をノスタルジックすぎるとして切り捨てるのは簡単だ。クロームを多用したエクステリアやキャビンのウッドパネルなど、クリケットが20オーバーではなく5日間の試合であった時代を思い起こさせる。しかし、75をこき下ろすのはエグゼクティブサルーンに対する冒涜である。当時、多くの評論家がより高価なジャガーSタイプよりも高評価を与えたのだ。

初期の75はオックスフォードシャーのカウリーで生産されていたが、2000年にはバーミンガムのロングブリッジに移転されている。現在、V6モデルであれば1000ポンド(14万円)以下で購入可能だ。V6はスムーズでパワフルなだけでなく、きちんとメンテナンスされていれば4気筒よりも耐久性があるのだ。

MG ZS180

ある時、ロングブリッジの廃れたミーティングルームで、ひとりのエンジニアが180psのV6エンジンをローバー45のエンジンベイに収めることを思いついたのだろう。その結果出来上がったのがこの優秀な小型ファミリーカーだ。ハッチバックおよびサルーンが用意されるが、どちらも快音を響かせ高い運動性能を見せる。

日産プリメーラGT

プリメーラGTのメーカーは英国企業ではないじゃないかと思うひともいるだろう。確かに日産製のこのクルマは今回の特集に適さないかもしれない。しかし製造はサンダーランドで行われており、血筋はともかくとして英国生まれであることは確かだ。シャシーはニュルブルクリンクで開発され、活発な2.0ℓエンジンのおかげでおおくのひとの想像以上の走りを見せる。

 
最新海外ニュース