[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ブレクジット(英のEU離脱)影響も? バーゲン価格の英国中古車 20選

2019.05.18

1万5000ポンド(210万円)超

アストン マーティンV8ヴァンテージ

3万ポンド(420万円)の予算でアストン マーティンV8ヴァンテージを買うことの最大のリスクといえば、なぜ同じ予算でポルシェ911を買わなかったのかという質問の嵐を受けるだろう。その適切な答えは、「見ればわかる!」である。

最近のスポーツカーはスタイリングが過剰である。先代ヴァンテージの控えめかつエレガントなデザインは素晴らしい。細部にわたり完璧なプロポーションはこれからも通用するだろう。ヴァンテージの魅力は見た目だけでなく、ハンドリングや自然吸気のV8エンジンにも宿る。12年落ちのアストンなんて維持費が恐ろしいと思うかもしれないが、専門家によればきちんとメンテナンスを受けていれば、信頼性に問題はないとのことだ。

ベントレー・コンチネンタルGT

おおくのひとにとって、ベントレー・コンチネンタルGTは成金趣味に映るかもしれない。それを気にしないのであれば、GTは非常に速く高級なスーパークーペでありながら2万ポンド(280万円)以下でも購入可能だ。キャビンではフォルクスワーゲン・グループのパーツがすぐに目に入ってしまうかもしれないが、6.0ℓW12の魅力はそれを補って余りある。

きちんとしたメンテナンスを受けていれば、信頼性も非常に高い。エンジン、トランスミッション、サスペンションはタフだが、コネクターやモーター類、センサーや消耗品などは交換が必要になるかもしれない。初期のモデルはほぼ底値に達しており、2年か3年ほど乗るのにはもってこいだろう。

 
最新海外ニュース