新型ポルシェ911(992) 日本発表 価格/エンジン/内外装/スペック解説

2019.05.28

サマリー

新型ポルシェ911(992)が日本国内でも発表されました。歴代を振り返り、内外装の変化、シャシー/パワートレインの変更点、装備や日本価格、スペックについて解説します。

もくじ

はじめに 新型ポルシェ911(992)とは?
ポルシェ911(992)の外観
ポルシェ911(992)の内装
ポルシェ911(992)のシャシー
ポルシェ911(992)のパワートレイン
ポルシェ911(992)の装備
ポルシェ911(992)の価格/スペック

はじめに 新型ポルシェ911(992)とは?

2018年11月28日、ロサンゼルス・モーターショーでポルシェは新型911をワールドプレミア(世界初公開)した。

日本でも今年の1月に911カレラおよびカレラ4S、2月にカレラSカブリオレおよびカレラ4Sカブリオレの価格が発表され、予約受注が開始されたが、5月28日、いよいよ発売が開始された。

新型911は「タイプ992」と呼ばれ、初代から数えて8代目にあたる。

初代 タイプ901

初代は1963年9月12日、フランクフルト・モーターショーでデビューし、当初は901という車名だった。真ん中に0が入った3ケタ数字の車名はプジョーが商標登録していたため、翌64年に発売されたとき車名は911になったが、初代は通称「タイプ901」と呼ばれる。

2代目 タイプ930

1973年、2代目の「タイプ930」に進化する。ターボモデルやタルガ、カブリオレにスピードスターなど、バリエーションが広がる。

3代目 タイプ964

1989年、3代目の「タイプ964」が登場。911初のAWDモデル「カレラ4」がラインアップに加わり、マニュアルシフトモード付きティプトロニックATも搭載された。

4代目 タイプ993

1993年、4年という911としては短いスパンで4代目の「タイプ993」に進化。ライト形状の変更で低くなったフロントフェンダーなど、3代目までに比べるとフロントまわりは大きく変わった。

5代目 タイプ996

1997年に、これも4年のスパンで登場した5代目「タイプ996」は、基本的なスタイルは踏襲するものの初代登場以来初めてのフルモデルチェンジを受け、空冷のフラット6エンジンはついに水冷化された。

6代目 タイプ997

2004年、6代目の「タイプ997」に進化。996をベースとしながら外観は大きく変更された。駆動方式、ボディバリエーション、エンジンなどの種類も増え、豊富なラインアップを誇った。

7代目 タイプ991

2011年、従来型の7代目「タイプ991」が登場。なぜかコードネームは997から991に戻っている。ボディサイズはアップしたが軽量化され、2015年のマイナーチェンジではダウンサイジングターボエンジンも搭載された。

911は1963年のデビューから2018年10月31日までの間に、総計104万9330台が生産されており、その数は今もなお増え続けている。

 
最新海外ニュース

人気記事