[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

動画 マクラーレン720S、アリエル・アトム4、BMW S1000RRで、ドラッグレース

2019.06.05

100字サマリー

マクラーレン720Sをはじめ、今の季節に相応しいオープン・モデル3台でドラッグレース。パワーと軽さの対決は、どれが一番速かったか。ぜひ映像をご覧ください。

720ps vs 325ps vs 210ps 一番速いのは?

オープンカーやオートバイで走ると気持ち良い季節がやってきた。同様に、暑すぎず寒すぎない気候はドラッグレースにも最適だ。今こそルーフを開けたスーパーカーとスーパーバイク、そしてオープンコクピットのサーキット用玩具で、どれが一番速いか調べてみようではないか。

われわれは既にマクラーレン720Sを全開にして、サーキット専用車のマクラーレン・セナと対決させたことがある。しかし、オープントップのスパイダーはクーペより49kgも重い。それでもV8ツインターボ・エンジンは、今回の3台の中で最も高い720psを発生する。

アリエル・アトム4のエンジンはホンダ・シビック・タイプRから流用したもので、最高出力は325psに過ぎない。だが、その車両重量は500kgを少し超えるだけだ。

スーパーバイクはさらに軽い。2019年型BMW S1000RRが搭載する並列4気筒エンジンは210psを発生し、天井知らずの1万4600rpmまで回る。さらにこのレースで重要なことに、ローンチ・コントロールも搭載しているのだ。

果たしてこれら3台の中で、0-60mphと0-100mphまでの加速、1/4マイルと1/2マイルの競争で、最も速いマシンはどれだろうか? ビデオをご覧になり、自分の目で確かめていただきたい。

 
最新海外ニュース