[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

リトラクタブル・ヘッドライトを装備するクルマたち 25選 前編

2019.06.09

100字サマリー

1970年代から1990年代のクルマではポップアップ式(リトラクタブル)ヘッドライトを装備するクルマが多数存在しました。スポーツカーを中心に数多くのクルマに採用されてきましたが、中でも素晴らしいクルマたちを見てみましょう。

2004年までに消滅

1935年にニューヨーク・オートショーで発表されたコード810が、史上初めてのポップアップ式ヘッドライトを搭載するクルマであった。しかしそれが幅広く採用されるまでには30年ほどを要した。1960年代後半から1970年代にはポップアップ式ヘッドライトが主流となり、ロータス、フェラーリ、トライアンフ、そしてポルシェなどが採用した。

しかし2004年までにそれらはすべて姿を消すことになった。最後まで生産されていたのはロータス・エスプリV8やコルベットC5だ。これは歩行者保護および空力性能向上が大きな理由である。ここで格納式ヘッドライトを装備する25台のクルマをご紹介しよう。

 
最新海外ニュース