海外ニュース

2019.06.12

アウディRS5復活 450psのV6ターボ維持

専用装備が多数

このアウディ・スポーツ・エディションでは、20インチのホイール、着色リアウインドウ、グロスブラックのエクステリアトリム、それにパフォーマンス・エグゾーストが装着される。

車内はアルカンターラとレザーで仕上げられ、LEDのアンビエントライト、アップル・カープレイ、アンドロイド・オート、ブラインドスポット・モニター、パノラミック・サンルーフなどが装着される。

アウディはWLTPへの適合試験のためラインナップを削減し、昨年は3.5%の減益を記録している。今回のRS5復活により、そのラインナップが元に戻ることになる。

アウディのSモデルは大きな変革の最中であり、S4、S5、S6、S7には48Vシステムを備えるV6ターボ・ディーゼルが搭載されることになっている。

3月に行われた年次プレスカファレンスでは、役員のハンス-ヨアヒム・ローゼンピーラーがアウディは「お客様の需要がないクルマを開発する余裕はありません」と発言しているが、「スポーティなDNA」については維持する方針を示している。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ