ニュース

2019.06.15

道路の白線 どのように描かれる? 英国の道路標示メーカーを取材

様々なタイプが存在

それに加え、道路表面を滑りにくく加工する車両や、取り外し可能なマーキングユニットを持つ車両、それに広範囲の施工が可能な車両、さらにあらゆる機能を一台に取り込んだ車両などを保有している。中でも最も興味深いのは道路鋲を設置する車両で、油圧式のドリルや強力な吸引機を搭載していた。

ハイテックスが製造するのはこれらの車両が使う塗料である。古典的な熱可塑性物質や、より耐久性のあるメチル・メタクリレートなどさまざまな物質が使われている。それだけでなく、プリフォームと呼ばれる予め準備するタイプの道路標示も製造する。例えば自転車レーンのシンボルなどはステッカーのように路面に貼り付けるのだ。

最近では、スタッフォードシャーにあるジャガー・ランドローバーの輸出センターに7000台分の駐車枠表示をつける仕事があったという。そのほかには、ウェールズで最近開通したニュートン・バイパスの白線もハイテックスが描いている。この道路の完成には70年を要したが、この白線を描く作業に要した期間はわずか2週間であった。

そろそろ取材も終わりの時間だが、まだ白線を描く体験をできていない。見かねたハインズはいった。「プリフォーム型の白いロールを伸ばして、そのトロリーの下に敷きましょう。まるで完璧な白線を引いたみたいじゃないですか!」

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ