[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

BMW謹製Mモデルの歴史 写真で振り返る41台 後編

2019.06.15

BMW M5 F12(2011年)


E60型M5でエンジンのマルチシリンダー化はピークを迎えたのであり、後継となるこのモデルでは、BMWはそのシリンダー数を8へと減らしている。

だが、2基のターボチャージャーによって、パワーは先代を上回る561psに達しており、このクルマはわずか4.5秒という0-100km/h加速を記録している。

F12型ではM5ツーリングは設定されておらず、4ドアサルーンのみの展開だった。

 
最新海外ニュース