[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

アストン マーティン、DBXの量産前モデルを公開 発売は2020年

2019.06.19

100字サマリー

アストン初のSUV「DBX」の量産前モデルが公開。その姿をご覧ください。カモフラージュには、生産が行われるウェールズを象徴する赤い竜が描かれています。写真10枚。

もくじ

元英国国防省空軍基地の跡地
北極圏から砂漠/サーキットへ
アストンの歴史 新たな分野を切り開く
ハイブリッド技術 メルセデスから
黒字転換後初の新型車
既存顧客のSUV需要も期待

元英国国防省空軍基地の跡地

アストン マーティンは、2019年内に発表が予定されているDBXの量産前モデルを、新しいセント・アサン工場で生産開始した。同社初となるSUVとして2020年上半期に発売される予定だ。

セント・アサン工場は、元英国防省の空軍基地だった90エーカーの敷地に、2016年から建設されていたアストン第2の生産拠点で、当面はDBXの専用工場となる。後に復活したラゴンダ・ブランドから登場する新型電気自動車もここで生産されることが既に明らかになっている。

今年後半の正式発表に先立ち、アストン マーティンはDBXの写真を新たに公開。新工場のあるウェールズをモチーフにしたカモフラージュを施している。現在、この量産前モデルを使って最終テストを実施している。なお、新工場は2020年第1四半期にフル稼働する予定だ。

 
最新海外ニュース