[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

BMW X7日本発売 新型3列シート高級SUV サイズ/内装/スペック/価格

2019.06.24

BMW X7のエクステリア

X7のディメンションは、全長5165mm、全幅2000mm、全高1835mmという、存在感にあふれた堂々たるサイズ。全幅が2mというのは、都会の道や駐車場などでかなり気になるサイズではあるが、先日、日本デビューしたメルセデス・ベンツのGLEもAMGライン装着車の全幅は2mを超えている。

メインマーケットの北米や中国では、ラグジュアリーなモデルではこれくらいのサイズが必要とされるようだし、致し方のないところなのだろうか。

BMWのアイデンティティであるフロントのキドニーグリルは、昨今のBMWスポーツモデルのような横型ではなく、縦型に近い形状となり、SAVらしい屈強な印象を際立たせている。これは、今回同時にマイナーチェンジが発表されたフラッグシップ・セダンの7シリーズにも共通したデザインだ。

グリルの横に繋がるようにレイアウトされたヘッドライトは、地面と水平になるようなフラットでモダンなデザインが採用されている。ボディサイドには、優美かつ印象的な1本のキャラクターラインが刻まれ、クローム加飾が施されたガーニッシュとともに、シンプルかつ上質なデザインに仕上げられている。

続いてフラッグシップSUVの内装を確認しておこう。

 
最新海外ニュース