BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.06.26

BMW M 新生M1投入でさらなるラインナップ拡大へ

編集部より

新生M1の投入はアウディ・スポーツやメルセデス-AMGに対抗すべくラインナップの拡大を進めてきたBMW Mの戦略の重要な一端を担うことになります。こうしてハードコアモデルを増強するとともに、エンジンのモジュラー化により開発の合理化を進めています。

もくじ

Mのラインナップを拡大
ハードコアモデルを増強へ
エンジンをモジュラー化

Mのラインナップを拡大

BMW Mは、Mパフォーマンス・モデルおよびMモデルのふたつのラインでそのラインナップを拡大している。現在M135i xドライブから608psのSUVであるX8までが存在するが、これにM専用車種としてミドエンジンのクーペを追加する。

ビジョンMコンセプトとして公開されたこのクルマは、BMW Mの将来像を示すハイテクなハイブリッドシステムを搭載する。しかし、アウディ・スポーツ、ジャガーSVO、メルセデス-AMG、ポルシェなどに対抗するため、その他のMモデルにも変革が求められている。

BMW Mの幅広い開発戦略によるモデルの再編は、Mディビジョンのフランク・ファン・ミール前CEOや、後継者であるマルクス・フラッシュによって推し進められている。

この先駆けとなるのが、今年すでに発売されているX3 M、X4 M、M8クーペ、M8コンバーチブルの4車種だ。さらに、BMW MはM135i xドライブやX2 M35iなどを追加してラインナップの下支えを図っている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ