[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

「最近のクルマは高い」を覆す、100万台でも楽しいコスパ・スポーツ8選 MTも多数

2019.06.30

マツダ・デミオ15MB(156万円/6速MT)

デミオ15MBは、モータースポーツを楽しむユーザーに向けたベースグレードだ。

エンジンは1.5ℓで、今はデミオの一般的なグレードも同じ排気量を採用するが(1.3ℓは廃止された)、15MBはプレミアムガソリン仕様だからチューニングが異なる。

最高出力は116ps、最大トルクは15.1kg-mで、実用回転域の駆動力を高めた。6速MTの併用で、吹き上がりは活発だ。ブレーキサイズも、前後輪ともに拡大されている。

歩行者も検知できる緊急自動ブレーキ、後方の並走車両を知らせる安全装備も標準装着され、モータースポーツのベースグレードながらも普通の用途で安全に使える。

日産マーチNISMO S(184万2480円/5速MT)

マーチは丸みのある柔和な外観が特徴のコンパクトカーだが、NISMO Sになると印象は一変する。

ベースグレードのエンジンは1.2ℓだが、NISMO Sには専用にチューニングされた1.5ℓが搭載され、最高出力は116ps、最大トルクは15.9kg-mを発生させる。

専用の5速MTを組み合わせたから、車両重量が1010kgと軽いこともあり、加速感は活発だ。

さらにボディの底面、サスペンションの取り付け部分などが専用のパーツで補強され、足まわりのスプリング、ショックアブソーバー、スタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)にも専用のチューニングを施した。

タイヤも専用の16インチ(205/45R16)だから、運転感覚がベースのグレードとはまったく違う。ベースグレードは全般的に緩い印象だが、NISMO Sは動力性能も含めてスポーツ性を高めた。

外観もエアロパーツの装着で見違えるように変更され、価格は184万2480円に収まるからとても買い得だ。

 
最新海外ニュース