ニュース

2019.07.20

ありがとうコルベットC7 英国1車線道路の旅へ 楽しみ、スピードだけに非ず

編集部より

米国を象徴するモデルとも言えるコルベットに乗って、英国の1車線道路だけを通る旅に出ました。巨大なパワーとスピードが魅力のように思われるこのクルマですが、狭い道をリラックスして流すようなドライビングでも、十分その素晴らしさを感じることは出来るようです。

もくじ

最高の1日 真っ赤なコンバーチブル
1車線道路のみ 多くの名所
情感に訴えるモデル ギターの神様登場?
伝統のプッシュロッド式 頼みは道路地図
次はミドシップ 少しの努力
番外編1:偉大なコルベット3選
番外編2:偉大な英国1車線道路3選

最高の1日 真っ赤なコンバーチブル

最高の1日になるに違いない。高速道路や2車線道路を使わずに、ウェーブリッジにあるブルックランズ・モーターミュージアムから、ブライトンまでを旅することになった。

「ブライトンの混雑した道でドライビングを楽しむことなど出来るだろうか?」と、編集担当は言うが、まったく問題ない。

数週間前、楽しい昼食の後、友人たちとサリー州の丘陵地帯を巡るラリーに参加したことがあった。ステアリングを握ったのがアルピーヌA110だったが、もしモーリス・マイナーであれば、素晴らしい1日になっただろう。

そして、今日ステアリングを握るのは、真っ新なコルベット・グランスポーツなのだから、最高の1日になるはずだ。

おそらく英国版AUTOCARの広告欄で目にしたことがあるかも知れないが、このクルマは、バージニア・ウォーターにある英国唯一のコルベットとカマロのディーラー、イアン・アラム・モータースが用意してくれたものだ。


コルベットは完全新設計のミドシップモデルとなるC8世代を発表したばかり、EUの型式認証を取得した現行モデルは残りわずかとなっている。

それでも、アランはなんと60台ものコルベットとカマロを輸入しており、英国のエンスージァストたちが車両不足に悩まされることはないだろう。少なくとも、現時点では今回の旅を共にするグランスポーツも嫁ぎ先を探している。

早速旅を始めよう。素晴らしい天気だが、雨の予報も出ているようだ。イアン・アラン・モータースのケビン・ハールが赤のグランスポーツ・クーペを届けてくれる予定だったが、先週嫁ぎ先が見つかったために、別の車両を彼らの秘蔵ストックのなかから準備してくれていた。

この車両も同じく赤のボディカラーを纏った、オートマティックのコンバーチブルモデルだった。さらに、彼は、なんと数日間は返却する必要がないとも言う。どうやらわたしの魅力に参ったんだろう。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ