ニュース

2019.07.20

一時代の幕を閉じたクルマたち 20選 後編

編集部より

後編では、2013年に生産されたボルボ最後のコンバーチブル車にはじまり、まさに先日のことであるビートルの生産終了までをご紹介しましょう。時代の変化にともない、大排気量NAエンジンやマニュアル・トランスミッションなどが徐々に姿を消しています。

ボルボのコンバーチブル:C70(2013年)

ボルボはC70が最後のコンバーチブルだと公式に発表しているわけではないが、今後このようなモデルが登場する可能性は低いだろう。大西洋の両岸および中国でも人気が低迷する2ドアセグメントへの再参入の計画はないようだ。

S90のさらに高級な後継車を自社ブランドで投入せず、ポールスターからの発売とした理由もこの市場のトレンドを受けてのことだろう。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ