新型ホンダ・アコード 東京モーターショー2019で、日本初公開へ

2019.08.02

100字サマリー

新型ホンダ・アコードが、10月の東京モーターショーで日本初公開されます。スポーツ・ハイブリッドi-MMDと、2.0ℓ i-VTECエンジンを組み合わせたほか、室内空間を拡大しています。

10代目 スポーツ・ハイブリッドi-MMD

ホンダは、2020年初めに日本でフルモデルチェンジする新型「ACCORD(アコード)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。

新型アコード(画像は海外仕様)は、1976年発売の初代アコードから一貫して持ち続けてきた「人と時代に調和したクルマ」という考え方に基づき、今のドライバーがセダンに求める価値を徹底的に追求。世界のベンチマークとなるような上級セダンを目指して開発された。

ロー&ワイドなプロポーション、流麗なシルエット、ゆとりある室内空間が新型の特徴である。

新開発のプラットフォームには、2.0ℓ DOHC i-VTECエンジンに、2モーターハイブリッドシステムの「スポーツ・ハイブリッドi-MMD」を組み合わせ、リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上げている。

10代目となる新型アコードは、2017年10月、米国での発売を皮切りに、北米、南米、中国、アジア大洋州の各国、各地域で販売されている。

2018年1月、北米の自動車ジャーナリストによって選ばれる「2018 North American Car of the Year(ノースアメリカン・カー・オブ・ザ・イヤー)」を受賞したほか、2019年1月には、中国で2.3億人の登録ユーザー数を誇るポータルサイト「Sina.com」による「ベスト・ハイブリッドカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、グローバルで高い評価を得ている。

なお、新型アコードは、2019年10月に開幕する「東京モーターショー2019」において、日本向け市販予定車の初公開を予定している。

 
最新海外ニュース