[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

コンチネンタルの新スタッドレス「ノース・コンタクトNC6」 15〜22インチ、全39サイズ

2019.08.19

100字サマリー

コンチネンタルタイヤが、日本の降雪地域に向けた冬タイヤを新発売。「ノース・コンタクトNC6」は、15インチから22インチまで、全39サイズを用意しました。

もくじ

氷上性能に注力
ヤモリの足の裏

氷上性能に注力

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、過酷な日本の凍結路面での安全、安心な走行を目指して氷上性能を向上させたコンチネンタルの新スタッドレスタイヤ「NorthContact NC6(ノース・コンタクト・エヌ・シー・シックス)」を2019年9月より順次発売する。

発売サイズは15インチから22インチまでの39サイズで、今後もサイズ・ラインナップの拡大を予定している。価格はオープンプライス。

「ノース・コンタクトNC6に採用された新技術」
「ノース・コンタクトNC6に採用された新技術」

「ノース・コンタクトNC6」は、日本の降雪エリアの需要とスタッドレスタイヤに求められる性能に応えるため、最重要性能である氷上性能に注力。ウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能で高い評価を得ていた従来品「コンチ・バイキング・コンタクト6」から氷上性能を大きく向上させた。また、環境へ配慮し、燃費性能も大きく改善している。

左右対称パターンによりウェット/シャーベット路面の排水性を高め、多様な冬のコンディションで高い性能を発揮する「バイキング・コンタクト・セブン」と共に、コンチネンタルタイヤは「ノース・コンタクトNC6」で日本のドライバーのニーズにあわせた新たな選択肢を提供するという。

新スタッドレスタイヤに採用された技術についても確認しておこう。

 
最新海外ニュース