ニュース

2019.08.25

追い越し車線「2kmまでOK」は都市伝説?  2km以下でも捕まるクルマ、続々

編集部より

読者のなかにも、「追い越し車線は2kmくらいまでなら走ってもいい」と習ったかたが多いのでは? しかし実は間違い。本当に正しい追い越し車線の走り方をおさらいします。

もくじ

追い越し車線2kmまで走っていいは間違い
静岡県警と自動車教習所に確認してみた
「通行帯違反」は、速度違反に次ぐ件数
正しい追い越し車線の走り方をおさらい

追い越し車線2kmまで走っていいは間違い

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

あおり運転の誘因として注目を集めている「追い越し車線を走り続ける行為」

追い越し車線は本来、追い越しのためだけに使う車線で、追い越しを終えたら(もちろん安全確認をして)速やかに走行車線に戻らなくてはならない。

「補足欄」には追い越し車線「約1.5km通行」の文字。
「補足欄」には追い越し車線「約1.5km通行」の文字。

正当な理由なく追い越し車線を走り続けることは、「通行帯違反」という交通違反を犯していることになる。

30数年前に自動車免許を取得して以来、ずっと「追い越し車線はおおむね2kmまでなら走ってもいい」と思っていた。かなり遠い記憶だが、自動車学校でそう習ったからだ。

しかし、3年近く前、新東名高速道路を西向きに走行中、沼津近辺で青切符を切られたのは「通行帯違反」が理由だった。

確かにその時は追い越し車線を走っていたが、後続車に追いつかれたわけでもなく、そろそろ走行車線に戻ろうと思っていた。まさにその瞬間、どこからともなく現れたパトカーの赤灯が視界に入って来た。

そして、停止を求められたのだ。

わたしを停めた警察官の一言は、「ちょっと速かったですねえ」。速度違反をしたときのお決まりの一言である。

しかし、そのあと予想外の言葉が続いた。

「追い越し車線を走り続けたら違反になるのは知っていましたか」

「え? はい。(それは知っている。2km以上走ったらダメなのだ)」

(え? 追い越し車線2kmも走ったっけ?)と心の中で思いながらも署名をした。しかし、後日、「補足欄」を良く見たら、なんと「約1.5km通行」と書いてある!

え? 1.5kmでも捕まる? 2kmじゃないの?

実はその時は、気が動転していて、補足欄を確認することを忘れていたのだ。

 
最新海外ニュース