[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 50〜40位

2019.09.07

46位:BMW i3

デビュー後6年が経過しても、他にi3のようなモデルは存在しないのであり、おそらくその理由はこのクルマが期待されたほどセールス面での成功を収めていないからかも知れない。

だが、例えそうだとしても、あるひとびとにとってはi3以上に相応しいモデルなど存在しない。さらに、多くのEVと違いこのクルマは運転しても楽しい。

45位:ミニ・クーパーS

BMW i3
BMW i3

2001年の復活以来、ミニはさまざまなサイズで奇妙なルックスをしたあらゆるモデルを創り出してきたが、結局のところ、ミニ最高のモデルはハッチバックのクーパーSということになるだろう。

オリジナルミニのファン・トゥ・ドライブをもっとも上手く再現することに成功したのが、ハイパフォーマンスな小型モデルであるというのは単なる偶然ではない。

44位:ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ

つねにフェラーリとマクラーレンの陰に隠れた存在だろうか?

そうかも知れないが、このクルマは、カウンタックがテスタロッサを完膚なきまでに叩きのめして以来、フェラーリとマクラーレンにもっとも迫ることに成功したモデルであり、さらに、少量生産の魅力的なミッドエンジンスーパーカーに自然吸気エンジンを求めるのなら、ウラカン・ペルフォルマンテが唯一の選択肢となる。

43位:レンジローバー・スポーツ

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ
ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ

デビュー当時、レンジローバーを名乗るクルマとしてもっとも広範な能力を備えたモデルだったのであり、変わらぬ魅力的なデザインと7人乗りのシートレイアウト、さらには高いオフロード性能とオンロードで見せる洗練によって、6年が経過したいまも依然として高く評価されている。

すべての面でお勧めのレンジローバーだ。

 
最新海外ニュース