[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

BMWコンセプト4シリーズ・クーペ キドニーグリル巨大化 3シリーズと差別化へ

2019.09.10

100字サマリー

BMWは「コンセプト4シリーズ・クーペ」をフランクフルト・モーターショーで発表。キドニーグリルをはじめとし、3シリーズよりダイナミックにすることで差別化を図ります。

もくじ

4シリーズ・クーペ、3シリーズと差別化
キドニーグリル 大きくしたワケ
CLAR採用へ BMW M4も開発段階

4シリーズ・クーペ、3シリーズと差別化

BMWは「コンセプト4シリーズ・クーペ」をフランクフルト・モーターショーで発表した。

製品版は、2020年の終わりに発表予定。現行4シリーズ・クーペを進化させたらどうなるか? を表現している。

次期型4シリーズ・クーペはよりダイナミックで感情に訴えかけることを目指したという。
次期型4シリーズ・クーペはよりダイナミックで感情に訴えかけることを目指したという。

コンセプトは製品版を100%とした場合、85%の状態にあるという。

3シリーズをベースとするものの、よりダイナミックで感情に訴えかけることを目指したという。したがって、3シリーズから大きく変わったデザインとなる。

なんといってもフロントフェイスの上下に延長されたキドニーグリルが目を引く。1930年代の328クーペをモチーフにしたという。

どうしてグリルが大きくなったのだろう?

キドニーグリル 大きくしたワケ

「キドニー・グリルを大きくしたのは、キャラクターを強調するためです」とBMWのデザイナー、ステファン・ヴェアンスは語る。

「3シリーズと4シリーズは全く異なったモデルであるべきだと思います。4シリーズは、3シリーズよりも華やかにしたいのです」

キャラクターを強調するためにキドニーグリルが大型化されたという。
キャラクターを強調するためにキドニーグリルが大型化されたという。

ヘッドライトはより上下に短くなり、エアインテークは大きくなった。

ボディサイドは大きくえぐられている。これは、8シリーズ・クーペをモチーフにしているのだという。

ホイールベースを伸ばし、前輪より前、後輪より後ろを短くしたのはクーペらしい、なだらかなラインを強調するため。

コンセプトカーのホイールは21インチで立体的なデザインを取り入れる。小さなドアミラーは、アルミニウムの一体成型だという。

リアに目をやると、四角形のマフラーが大きなディフューザーを挟んでいる。テールランプはL字型で、これは従来どおりとなる。

CLAR採用へ BMW M4も開発段階

コンセプトは、あくまで外観の指針を示すものとのこと。技術面については語られていない。

ただし試作車についてはAUTOCARがスクープしている。BMW最新のCLARプラットフォームを使用する可能性が高い。CLARプラットフォームは、後輪駆動/全輪駆動の両方をサポートする。

コンバーチブル/グランクーペ(4ドアのクーペ)のほか、M4もくわわると予想される。
コンバーチブル/グランクーペ(4ドアのクーペ)のほか、M4もくわわると予想される。

エンジンは3シリーズの展開と近くなるはずで、2.0L 4気筒/3.0L 5気筒のガソリン/ディーゼルを基本とし、プラグイン・ハイブリッドの追加も考えられる。

また、AUTOCARがすでにスクープしているM4も追加されるはずだ。コンバーチブルと、4ドアクーペの発表後となるだろう。

 
最新海外ニュース