ポルシェ・スポーツカー・トゥギャザー・デイ 2019 歴代ポルシェが集結

2019.09.16

100字サマリー

6月に富士スピードウェイで開催された「ポルシェ・スポーツカー・トゥギャザー・デイ 2019」。歴代ポルシェが集まったイベントを振り返りましょう。

もくじ

FSW ポルシェに染まる2日間
新型911も国内初披露
ワンメイクレースそしてeスポーツ
公式ドライビング・レッスン

FSW ポルシェに染まる2日間

70年の長きに渡りスポーツカー専業メーカーとして歩んできたポルシェ。

モータースポーツとの縁も深いブランドとして、毎年富士スピードウェイで同社のフィロソフィを体感できるイベント「ポルシェ エクスペリエンス・デイ」を主催してきたが、今年より「ポルシェ・スポーツカー・トゥギャザー・デイ 2019」として開催されることとなった。

パドックはポルシェ専用のパーキングに。
パドックはポルシェ専用のパーキングに。

なお、ロードカーのオーナーおよび一般ギャラリーが来場するのは6月15・16日の2日間のみだったが、サーキットを使用してのポルシェ公式ドライビング・トレーニングである「ポルシェ トラック エクスペリエンス」は11日より実施されており、FSWはまさにポルシェ・ウィークともいうべき1週間だった。

筆者がお邪魔したのは16日の日曜日だったのだが、前日の15日はときおり非常に強い雨に見舞われ、レースカテゴリーでは中止や中断もあったという。しかしながら16日のFSWは朝から富士山の姿も望めるほどの好天に恵まれた。

新型911も国内初披露

FSWのパドックは356に始まり、901から991型にいたる歴代の911各モデル、914にボクスター、ケイマン、カレラGTに918スパイダーといったミドシップ車、カイエンやマカン、パナメーラまで、さまざまな年代・モデルのポルシェで埋め尽くされた。

また、会場内の数カ所に911の最新モデルであるタイプ992が置かれており、これが日本国内での初めての一般披露となったのだが、ポルシェ乗りではない筆者などは恥ずかしながら、「あの911、フツーっぽいのに何であんなにスマホを向けられているのだろう」と通り過ぎかけたほどに“911”だった。

911の最新型、992型はこのイベントが日本での初お披露目。
911の最新型、992型はこのイベントが日本での初お披露目。

見渡す限りのポルシェの中を歩いていくと、ポルシェ関連のショップやメディアのブース、そしてオフィシャルグッズなどを取り扱うブースや、ポルシェの最新コネクテッド・サービス「ポルシェ コネクト」、空冷モデルの911などのパーツや整備、レストアに関するサービス「ポルシェ クラシック」などを説明するブースも設けられていた。

 
最新海外ニュース